戸井マグロ・高級寿しネタ食べ放題大盛りパフェ〆めの北海道回転寿司 はコレが魅力…Toi -tuna Kaiten sushi Hokkaido gourmet.

大食い


戸井マグロや近海産漁師直送の高級寿司ネタと最後のシメ・パフェを出す北海道流。魚介類は新鮮。You can see fresh sushi-neta Hokkaido-Toi-maguro (tuna) which is famous for expensive one in Kaiten-sushi restrant in japan.北海道で美味しいお寿司や海鮮が食べるには有名店や高級店でなくとも回転寿司店が一般的。気軽に家族連れで行ける場所、地元の人が行くお店で食べてみたい…そう考える人にオススメです。コロナ禍終息後は是非北海道へ来て下さいね。北海道産の安心で安全なネタを使い寿司職人が全員北海道出身という店を選ぶことが美味い回転寿司を”仕入れる”コツ。その日の朝に北海道近海で水揚げされた厳選素材を仕入れ、寿司職人が一手間加える仕込みにより逸品を作り出します。魚に精通した強みを活かし旬を味わえる回転寿司店を探してみて下さい。職人とスタッフの元気な声、お寿司を旨いと感じることのできる最適の室温調整など店内環境と、客足が途切れないおすすめのお店をお勧めします。お寿司がレールの上を回って、いろいろなネタが目の前に運ばれてくる回転寿司は、ご家族連れにも大人気の外食スポット。それどころか、日本独自の回転寿司という仕組みのおもしろさが海外から注目され、外国人観光客が必ず訪れるクールな Japan sightseeing spotとしても世界を席巻している。
この回転寿司、最近ではさらに進化しているそうです。中には回らない回転寿司も登場している。
回転寿司の最新事情から目が離せない。回転寿司が初めて世に登場したのは1958年。場所は大阪の寿司店がビール工場で使われているベルトコンベアから発想して開発したもの。1970年に大阪開催の万国博覧会で、このビッグイベントに出店していた回転寿司が多くの人に認知されて、全国に広がるきっかけとなりました。その後、従来のカウンター席寿司に対して、回転寿司は安価で気軽な庶民の味方のお寿司として発展の道を歩みました。回って動いて目の前まで来る楽しさが子どもたちの注目を集め、今や家族連れが選ぶ外食スポットの上位を占めています。そもそも握り寿司は、江戸っ子が気軽につまむファーストフード的な食べ物として発展。そう考えると、回転寿司はその流れもしっかり受け継いだ日本文化であることが分かります。最近急速に人気を集めているのは、ご当地回転寿司店。業態の規模はさほど大きくはありませんが、海沿いの町の地の利を活かした新鮮なネタが自慢の店が多く、その土地ならではの特産海鮮が充実しています。一方、回転寿司のレーンにも進化が見られ、回るのではなく寿司の厨房とお客さんを直線の乗り物レーンでつないだお店です。こちらはお客様の注文を聞いてから握るのが基本で、注文から寿司の到着まで1分とかからず、従来の回転寿司よりグレードの高い寿司が到着することが自慢。中には、寿司の良し悪しはともかく、とにかくこの新システムを一度体験してみたいというお客さんまでいて、店舗は連日大賑わい。まだ、一部の都市部でしか体験できないようですが、全国に広がるのにさほど時間はかからないでしょう。外国人に人気の回転寿司。お寿司そのものはもちろんですが、特に回転寿司店では、お寿司以外のバリエーション豊富なサイドメニューも魅力です。もし、回らない回転寿司を見つけたら、ぜひ一体験してみて下さい。特に北海道の回転ずし店はネタの新鮮さと大きさ、全国・海外のすしネタを採用するなど進化し世界標準として注目を浴びています。
無断複製厳禁・All right reserved. Copy right ©2021.
北海道グルメ・北の船長物産展チャンネル

#回転寿司 #hokkaido  #kaiten-sushi

【関連動画】


日本食 – 巨大 ゴリアテ ハタの魚 寿司 日本


17kg巨大ダコ – 韓国の屋台フード


CONVEYOR BELT SUSHI – Japanese Food at Sushi Zanmai in Tokyo, Japan!


18시간 굶고 회전초밥 먹으러 갔더니..회전초밥 먹방 Korean mukbang eating show

タイトルとURLをコピーしました